意外に知らない医師転職の方法!これからの医師求人を考える

一般企業が転職の斡旋にどんどん参入していることなどからも、医師の職場環境は大きく変化してきています。医師募集を通して、これからの医療や、医師の転職、求人について考えていきたいと思います。

TOP 医師求人 医師転職 年収がアップする医師転職 なりすましを防ぐ医師転職サービス

目次

  1. なりすましを防ぐ医師転職サービス
  2. 通勤便利な医療機関への医師転職のコツ
  3. 医師転職で一般急性期病院で働くメリットとは何か
  4. 医師転職はネットで多く行われています
  5. ベテラン医師の医師転職
  6. 転科をして産業医へと医師転職
  7. 中堅ドクターによる産業医への医師転職
  8. 子育てと両立しやすいスポットでの医師バイト
  9. 専属として働く医師求人に掲載された産業医としての年収

なりすましを防ぐ医師転職サービス

数多くの人が登録して使っている医師転職サービスですが、免許を持たないなりすましの人がこのサービスを通して仕事を見つけようとする事も考えられない事ではありません。それは非常に大きな問題です。

そこで、なりすましを防ぐために、医師転職サービスはいろんな取り組みを行っています。

登録する時には、必ずどこの大学の医学部を卒業したかなどという情報の入力が求められる事もあります。
更に、嘘の情報を入力する事もできますので、面談を行って医師免許の証明書を必ず会社の人に見せて提示しないと紹介しないというシステムにしている会社も多い様です。

確かに、この方法であれば防げる可能性はかなり高くなりそうです。

医師転職に関する記事

分野に分かれている医師転職
妊娠した場合における医師転職
医師転職支援サービスを調べる
医師転職
年収がアップする医師転職

通勤便利な医療機関への医師転職のコツ

通勤便利な医療機関への転職を目指している人は、年々増加傾向にあるとされ、魅力ある医師転職のポイントをしっかりと理解することがおすすめです。需要の高い医療機関の選び方については、素人にとって判断が難しいものの、様々な立場の人からアドバイスを受けることで、何時でも冷静な判断をすることが可能となります。

また、医師転職のコツをつかむには、ある程度の時間が必要となることがありますが、同年代の人々の成功体験談をっ参考にしつつ、役立つ知識を身に着けることが大事です。その他、通勤便利な病院やクリニックの選び方をマスターすることが重要です。

メニュー

医師転職の方法HOME   医師非常勤   医師求人   産業医求人   医師転職   医師転職サービス   医師アルバイト   医師バイト   短期医師アルバイト

「意外に知らない医師転職の方法!これからの医師求人を考える」ではライフスタイルや労働環境の向上のために医師転職を考える方を対象として、医師求人や医師募集、可能性が広がる非常勤医師アルバイトについての情報をまとめて掲載しています。当サイトへのご質問・お問い合わせはこちらへ。

医師転職で一般急性期病院で働くメリットとは何か

医師転職で一般急性期病院で働くと、エリートになった気分になる、色々な疾患に関する知識が身につくなどのメリットがあります。医師転職で働き始めると、周りにいるのはあちこちから集まった優秀な人達なため、エリートになったような気分に浸れます。

何らかの権威に関する人物がいた際は、話を聞くことができれば色々な勉強ができます。その時は、ノートに書き込みながら話を聞くと後々役立ちます。

結核やインフルエンザなど、様々な疾患にかかった患者が沢山いるため、患者の容体をチェックしていると徐々に知識として身についていきます。長く働くことができれば、疾患に対する専門家と見てくれるようになる可能性が高いです。

医師転職はネットで多く行われています

毎年多くの医師が、転職を行っています。転職を行う理由は人それぞれで、自分のキャリアアップの為、生活環境が変わった為、目指す医療が確立した為など、様々な理由で医師転職を行っています。

転職をする医師が、次の就職先を探すのに利用しているのがネットです。ネットでは、一度に多くの病院やクリニックを閲覧することが出来ますし、簡単に他の病院との比較をすることが出来ます。

写真などの情報も多く掲載している病院が多く、働いてからのミスマッチを防ぐ効果も高いです。メリットがとても多いので、医師転職はネットを利用し、行われています。

ベテラン医師の医師転職

長い間、医者の経験を重ねられて来たベテランの医師であれば、医師転職は有利になることでしょう。

今までの実績をもとに、医院長などを目指して医師転職をされる医師も多いようです。年配の医師には体力の問題がありますので、夜勤などの仕事は向かないでしょう。

また、あまりにも激しい過酷な勤務が予想される勤務先は避けることが懸命です。どのような医師業務をするかは、その医師の考え方次第によりますが、今までのキャリアやスキルを活かして、活躍するチャンスは広がっていることでしょう。チャンスがあれば若い世代にも伝えて欲しいですね。

転科をして産業医へと医師転職

他の科目を扱っていた人が産業医へと医師転職すると、仕事の内容ががらりと変化する事もあります。

転科をして産業医へと医師転職するかどうかという事で、長い時間をかけて検討する人もいます。

産業医へと医師転職した方がいいかどうかという事は、すぐに答えが出せない事もあると思います。その場合には、立ち止まって考えてみるのもいいでしょう。

産業医へと医師転職すると、これまでとは得られる経験やスキルも大きく異なります。

産業医へと医師転職すると、自分にとっていいかどうかという事は、すぐに分からない事もあります。

しかし、何度もよく考えた上で新しい仕事をした方がいいという答えを出す人もいます。

中堅ドクターによる産業医への医師転職

あらゆる世代のドクターが産業医への医師転職を目指していますが、中には中堅ドクターが産業医への医師転職を希望する事もあります。

中堅ドクターとなれば、これからどの様にして医師としてのキャリアを続けていくかという事について、真剣に考えている人も多いでしょう。

また、中堅ドクターとなれば、度重なる夜勤をこなすのが難しく感じられる事もある様です。

その様な場合は、産業医への医師転職を行うと、夜勤を行う必要はなくなります。産業医へ医師転職をすると、病院での勤務状況とは大きく変化する事でしょう。

自分がシニア世代となった際の事を考えて、産業医への医師転職を試みるドクターもいる様です。

子育てと両立しやすいスポットでの医師バイト

常勤の仕事となれば、つい仕事を優先しないといけない事も多いと思います。しかし、子育てをしていると、仕事だけに集中する事はできません。そこでスポットでの医師アルバイトが便利です。

スポットでの医師バイトは、子育てと両立しやすいという点において優れています。子供が小さい間は、あまり仕事ができないと感じている人も、スポットでの医師バイトであれば可能な場合もあるでしょう。

スポットでの医師バイトは、一日から数日程度という短い期間のみの仕事となります。スポットでの医師バイトをきっかけに、仕事に復帰するのもいいでしょう。仕事より家庭の比重を高くしたいと考える人におすすめの働き方となります。

専属として働く医師の求人に掲載された産業医としての年収

出勤する頻度が高い医師求人に記載がある産業医求人の年収は、非常勤として働く場合と比較しても高額な金額が設定されているでしょう。

専属として働く医師求人に記載がある産業医の年収は、勤務の時間も長いため、その分得られる収入も高額となります。

医師求人に記載がある産業医の年収は、企業により設定されています。そのため、医師の求人に記載がある産業医の年収は、案件により差が出る事もあります。

医師求人に記載がある産業医の年収をチェックして問題がないという事を確認すると同時に、それ以外の条件も自分のニーズを満たしている事を確認しましょう。条件の交渉などは最初に行う事が大事です。

BBTスペシャル「痛みと向き合って〜女性医師の線維筋痛症闘病記〜」

平成25年2月18日に富山テレビで放映されたBBTスペシャル「痛みと向き合って〜女性医師の線維筋痛症闘病記〜」

公開日:2013/02/18

<臨床外科医師>私が女性外科医を続けられるわけ

消化器外科女性医師の活躍を応援する会を立ち上げる一方、男女共用仕様の医療機器開発にも尽力する。その多彩な経験から女性外科医師として生きることとは何か?を河野恵美子先生に語っていただきました。

公開日:2019/05/07