意外に知らない医師転職の方法!これからの医師求人を考える

一般企業が転職の斡旋にどんどん参入していることなどからも、医師の職場環境は大きく変化してきています。医師募集を通して、これからの医療や、医師の転職、求人について考えていきたいと思います。

TOP 医師求人 医師アルバイト 医師バイト 医師非常勤 短期の医師アルバイトを行う医師たち

目次

  1. 短期の医師アルバイトを行う医師たち
  2. 電車の沿線で探す医師アルバイト
  3. 和歌山で開業を目指す際に有効な医師アルバイト
  4. 精神科の医師アルバイトの倍率について
  5. 医師の求人サイトで探す医師アルバイト
  6. 医師アルバイトの申し込み方法
  7. 医師のアルバイトは何科が多い?
  8. ドクターとの接点が少ない産業医求人
  9. 問い合わせをしたい北海道の医療機関が出す医師求人

短期の医師アルバイトを行う医師たち

以前であれば、医師が短期アルバイトを行うというのは、意外な事に感じられた事もあったかと思われます。今では医師に向けた短期医師アルバイトの募集も頻繁に行われています。普段は普通に仕事をしているという医師であったとしても、確実に休む事ができる休暇があった場合などには、短期アルバイトをする事もある様です。

医師アルバイトを短期でする人は多く、融通がききやすいというのも、この働き方を選択する人が多い理由ではないかと考えられます。短期アルバイトというのは、普通のシフトで仕事をする事ができない医師にとっても働く事を可能にしてくれる事もあります。便利なので有り難く感じている人も多いかと思われます。

医師アルバイトに関する記事

正規雇用とは異なる医師アルバイト
医師アルバイト
曜日により選ぶ医師アルバイト
すぐに医師のバイト、医師のアルバイトを探す時の注意点
問診の実施も含まれるワクチン接種に関する医師バイト
医師バイト
山梨の医師アルバイト、医師バイト

電車の沿線で探す医師アルバイト

どの様にして医師向けアルバイトを見つければいいのかという事については難しく考える必要もなく、まずは電車の沿線を頼りに医師バイトを選んでみてはどうでしょうか。

医師向けアルバイトであったとしても自分で自由に条件を設定する事ができますので、余計に迷ってしまう事もあるかと思われます。医師アルバイトを電車の沿線で探すと、どう考えても応募が難しい案件を除外する事ができます。

この様に医師向けアルバイトを探す際には、条件を追加していくばかりではなくて、難しいと思われる条件をピックアップする事で、消去法にて職場を絞り込む事ができる場合もあるでしょう。ぜひ探しやすい方法を試しましょう。

和歌山で開業を目指す際に有効な医師アルバイト

和歌山の病院で常勤医として働いている場合、クリニックで医師アルバイトを行うことで、開業の際に役立つ様々なスキルが身につきます。例えば、クリニックにおける診察や経営のノウハウ、患者とコミュニケーションを図るためのコツなど、大規模病院とは違った経験を通して多くのことを学べるため、よりスムーズにクリニックを開業できます。

和歌山には多数のクリニックが存在し、医師アルバイトを募集している所も多いので、勤務条件などを十分にチェックしながら納得のいく求人を探せます。その際、常勤先との両立を図れる求人を選ぶことで、安心して医師アルバイトを続けられます。

メニュー

医師転職の方法HOME   医師非常勤   医師求人   産業医求人   医師転職   医師転職サービス   医師アルバイト   医師バイト   短期医師アルバイト

「意外に知らない医師転職の方法!これからの医師求人を考える」ではライフスタイルや労働環境の向上のために医師転職を考える方を対象として、医師求人や医師募集、可能性が広がる非常勤医師アルバイトについての情報をまとめて掲載しています。当サイトへのご質問・お問い合わせはこちらへ。

精神科の医師アルバイトの倍率について

精神科の医師アルバイトは、医療機関によっても求人募集が増えている傾向が見られ、それだけ心の病やストレス、依存症などの社会的な需要も増している傾向性が見られます。医療機関においては常用として、医師を雇うよりもワンポイント的に一定期間や一時的に働いてもらうといった形でアルバイト雇用も盛んに行われています。

まず現況の精神科医は、1996年度が全国で10,093人だったのに対して、2012年度には14,733人と医師数も増加している傾向も見られます。関連の医師として心療内科医も1996年度は280人に対して2012年度は847人と増加している点も見られます。

このため、前者は16年間で1.5倍、後者については2.0倍以上の人数が増加していますが、それだけ社会的ニーズもある医師だということもできます。また過酷な労働環境にあるとされる他の科からの医師の転職などで増えた可能性も指摘されています。

こうした状況下において、医師アルバイトの求人倍率を探る上では、潜在的な必要医師数と現員の医師数の割合から導き出せる倍率があります。それは1.11倍となり、それだけ必要とする医療機関も存在します。

ただ常時、医師バイトの求人要項には精神保健指定医の資格の有無がカギを握る場合も少なくないのが現実としてあります。

医師の求人サイトで探す医師アルバイト

どこで医師に向けたアルバイトを見つければいいのかという事ですが、求人サイトを使うのが手っ取り早いと思われます。医師の求人サイトには常勤の仕事ばかりではなくて、医師アルバイトの案件も少なくない場合もあります。

できればアルバイトとして仕事がしたいという医師もいます。アルバイトの求人も他の医師求人と同じ様な方法で見つける事ができます。

仕事だけを優先する事ができない事があった場合には、医師アルバイトをする事で希望通りのワークスタイルを実現できる事もあるかと思われます。医師の働き方は、ここ数年で大きく変化している部分もあるかと思われます。自分の希望を明確にする事も大事でしょう。

医師アルバイトの申し込み方法

医師アルバイトの申し込み方法はどうなっているのでしょうか?他のアルバイトと何か違う所があるのでしょうか?

どういった探し方で申し込みするのかによっても異なってくるのですが、基本的には病院に直接履歴書などを持っていくことが多いようです。そこで面接をして合否判定になります。医師という資格を持っていないとできないアルバイトなだけあり、募集人数もそこまで多くないため、応募して選考を受けてから合格発表まで以外とすぐです。

申し込みをするときには履歴書に間違いがないかよく確認し、特に電話番号はもし合格した場合にはそちらにかかってくることになりますので絶対に間違えないようにしましょう。

医師のアルバイトは何科が多い?

医師にも週一回のアルバイト、日払い的なアルバイトがあります。その代表的なの健康診断などです。

または週2回程度の診察を行うようなものをアルバイト言うならこういうものを主に行っている医師は少なくありません。

特に地方などでは医師不足であるところは少なくありません。北海道や離島や過疎の村においては医師が不足しており、週数日でも診療所に来てほしいというのがあります。

一方、医師でも子育てなどの理由で毎日は無理だが週数日ならという医師がいらしゃるのもあります。

ただ、田舎にはなかなかこのような医師も少なく非常に困っているところが少なくありません。

そのため診療科目もいろいろで普通に一般内科などもあります。医師アルバイトであるのが眼科であったり、訪問診療のリハビリテーション科などです。

医師の勤務に対する負荷なども最近では問題になっており、働き方の一つとして非常勤、バイトというのもいいかもしれません。

年齢的に毎日はきつい、子育てを優先したいなどの理由に対して完全に医療現場から離れるのではなく、少しでも医療現場にいてほしいとは思います。

最近ではいろいろな診療科目で募集をしていますので希望にあうものがあるかもしれません。その傾向は地方に行けば行くほどその傾向はあると思います。

医師の非常勤勤務などのサイトで確認するとすぐに見つかります。応募してすぐにとはいかないかもしれませんし。希望が通らないかもしれません。

医師のアルバイト、非常勤のサイトとしてはJMCの医師非常勤アルバイト支援サービスが有名です。一度見てみてはどうでしょうか?

コンサルタントも非常にスキルが高く、きっとあなたの役に立つと思います。「JMC 医師非常勤」や「JMC 医師バイト」で検索するとすぐにサイトが出てきます。

ドクターとの接点が少ない産業医求人

当直がなく、同じペースで働く事ができるという点において魅力を感じている人も多く、産業医求人に応募したいという人は多い様です。

しかし、産業医求人にもデメリットだと考えられる点もあります。産業医求人に応募すると、他のドクターとの接点は減ると考えられます。

そのため、産業医求人に応募すると、ドクター同士で情報を共有したりして、医学について学んだりするチャンスは減ると考えられます。

選択する産業医求人によっては、他にもドクターがいる環境もあれば、自分一人で対応しないといけない場合もあります。

また、医師同士でコミュニケーションを取りモチベーションを向上する事も難しい場合があります。

問い合わせをしたい北海道の医療機関が出す医師求人

気になる北海道の医療機関が出す医師求人が見つかったが、分からない事が出てくるケースもあります。北海道の医療機関が出す医師求人における不明点については、応募するかどうかに関わる事なので先に確認したいという事もあるでしょう。

それなら、いきなり北海道の医療機関が出す医医師求人に応募するのではなく、まず募集要項について問い合わせをしてみましょう。

北海道の医療機関が出す医師求人の不明点に関する答えをいただけた時点で、応募を検討するのもいいでしょう。

北海道の医療機関が出す医師求人については、応募ボタンだけではなく、お問い合わせボタンが設置されている事もあるため、確認しましょう。